要指導医薬品、第一類医薬品 、指定第二類医薬品、第二類医薬品、及び第三類医薬品の定義 医薬品の外箱・外面に、それぞれ分類区分が表示されております。

要指導医薬品  :新医薬品等で、安全性に関する調査期間中の医薬品、
         毒薬及び劇薬のうち、厚生労働大臣が指定する医薬品
第一類医薬品 :特にリスクの高い医薬品

指定第二類医薬品:リスクが比較的高く、特に注意を要する医薬品
第二類医薬品  :リスクが比較的高い医薬品
第三類医薬品  :リスクが比較的低い医薬品
表示方法 要指導医薬品    : 要指導医薬品
第一類医薬品    : 第1類医薬品
指定第二類医薬品   :  指定第類医薬品指定第A類医薬品
第二類医薬品    : 第2類医薬品
第三類医薬品    : 第3類医薬品
情報提供及び対応する専門家

要指導医薬品・第一類医薬品:薬剤師により、書面を用いた情報提供を行
              います。
指定第二類医薬品     :薬剤師または登録販売者により、服用して
              はいけない人や使用について注意すること
              等の情報提供を行うよう努めます。
第二類医薬品       :薬剤師または登録販売者により必要な情報
              提供をするよう努めます。
第三類医薬品       :お求めに応じて必要な情報提供をいたしま
              す。

一般用医薬品の陳列方法 要指導医薬品・第一類医薬品:薬剤師が対面で情報提供するため、お客様
              が直接手に取れない場所への陳列となりま
              す。
              ご希望のお客様はスタッフにお申し付けく
              ださい。また、専門家が不在の場合は、医
              薬品売場を閉鎖します(閉鎖時には販売でき
              ません)。
指定第二類医薬品      :情報提供しやすいよう、専門家が在席する
               カウンター等から7m以内に陳列します。
第二類医薬品        :区分ごとに分けて陳列します。
第三類医薬品        :区分ごとに分けて陳列します。
医薬品による健康被害の救済に
 関する制度に関する解説

万一、医薬品による健康被害を受けた方は「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。(一部救済が受けられない医薬品・副作用があります。)

救済認定基準や手続きについては、下記にお問い合わせください。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 http://www.pmda.go.jp/index.html

救済制度相談窓口 0120-149-931(フリ−ダイヤル)
9:00-17:30(月〜金 祝日・年末年始除く)

個人情報の取扱について

当薬局では、販売等によって知り得た皆様の個人情報を適切に取り扱っております。
個人情報の取り扱いについて、ご不明な点や疑問等がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
 

  TEL0120-285-850 営業時間9:00~20:00 年中無休(お正月三が日を除く) 上野駅浅草口より徒歩1分

copyright(c) ALL rights reserved